エンブロイダリーレースで、こだわるトレンドをつくる。
レースについて About a Lace

 

 レースの歴史  レースの種類

 

レースの歴史


 

レースの起源

レースの歴史は古く、古代エジプトの遺跡から一種のボビン・レースがボビンとともに発掘されており、日本では奈良時代に唐からもたらされたニードル・レースの一種が唐招提寺に所蔵されています。

 

レースのルーツ

起源は諸説あり、古くなった衣服を縫う時に布を糸でかがった部分が発展して“レース”になったというもの。もう一説には、織られた布の端がほどけないように「ふさ」を編む技術が発展したもの。また、魚を獲るための結び目のある「網」がルーツだとも考えらています。

装飾を目的とする独立した形のレースが生まれたのは1540年頃といわれています。
15世紀末から16世紀初めにかけては、ニードル・ポイントレースとボビンレースが登場し、イタリアのベネチアでこの技法は確立されていきました。
17世紀のフランスでは、装飾過剰なバロックスタイルが生まれ、ルイ14世を代表とする男性のレース着用が増えていきます。

貴族などの上流階級のみの贅沢品だったレースが、産業革命やフランス革命の影響でレース産業はほぼ壊滅状態に至ったといいます。結果として機械レースの発明を促し、1813年にはリバーレース機の原型が完成しました。
1840年、イギリスのヴィクトリア女王のウェディングドレスとヴェールにボビンレースが使われました。これは36人の職人が1年半かけて完成させたと言われています。これをきっかけに機械レースを通して一般女性たちにも広く浸透するようになり、レースは特権階級のものではなくなりました。

 

国内のエンブロイダリーレースの発展

日本でも1920年代にレース機が輸入され、文明開化と共に洋装化が広まり、刺繍レースの需要も高まっていきました。1938年にはドイツからエンブロイダリー刺繍機が輸入され、ほとんど輸入されていたレースが、国産化の刺繍レース服地に移り変わっていきます。年々設備が増設され、ケミカルレース等への需要の拡大へとむかっていきました。しかし1973年(昭和48年)のオイルショックによる消費製造の変化と後進国からの輸入の増大で、国内のレース生産は減少傾向になっていきます。
現在も石川県を主とする北陸地区および北関東地区を中心に、職人の高い技術と知識が質の高いエンブロイダリーレースを生み出しています。

 

 

レースの種類


機械レース

 

【エンブロイダリーレース】Embroidery Lace

エンブロイダリー刺繍機によって生地に刺繍を施したもの。レースの中でもっとも広範囲で使用されている。代表的な物にケミカルレース、綿レース、チュールレースが挙げられる。

ケミカルレース 綿レース チュールレース
水溶性の基布に刺繍を施した後、生地を溶解して刺繍糸部分のみを残す手法のレース。 綿の生地を基布に使ったもの。穴をあけ、穴の縁を刺繍でかがることができ(ボーラー)、透かし模様もできる。 多角形の編目の薄い生地(チュール地)に、刺繍を施したもの。

 

【リバーレース】Leavers Lace

リバーレース機で作られたレースのこと。1813年にイギリスのジョン・リバーによって発明されたことから名付けられた。糸10000~20000本も使用し、細い糸を撚るように模様が作られ、機械の速度が遅いため高価なレースとなる。

【ラッセルレース】Raschel Lace

リバーレースより安価に作れないかと考案されたレース。ラッセルレース機という経編(たてあみ)機で作られたレースのことで、糸を編むことで模様を作り、早いスピードで編まれるため比較的安価である。

【トーションレース】Torchon Lace

中世ヨーロッパの王侯貴族の間で衿や袖飾りに着飾ったボビンレースを機械化したもの。太い麻糸や木綿糸で編まれているものが多く、粗い編み目になっている。また、レース巾は20センチ位が限度とせまいのが特徴。

 

手工レース


 

【ニードルポイントレース】Needlepoint Lace

【クロッシェレース】Crocheted Lace

【ボビンレース】Bobbin Lace

【バテンレース】Batten Lace

【タティングレース】Tatting Lace

 

 など

 

PAGETOP